【10%は大きい!?】メルカリの販売手数料が嫌ならフリルかラクマ♪

こんにちは!

藤ヶ谷淳之介です。

ビジネスで重要なことの一つは

利益率ですが、

言うまでもなく、

利益率が高ければ高いほど

多くの収益(お金)を得ることができます。

ちなみに、

僕は、

フリマアプリ(メルカリ・フリル・ラクマ)で

色んな商品を販売していますが、

大体、利益率は20%〜30%くらいに

なっていることが多いです。

そして、

この利益率はできるだけ

上げていきたいところですが、

実際に

フリマアプリビジネスに取り組まれている方からも

「どうすれば、利益率を上げられますか?」

というご質問を

公式LINEのほうへいただくことがあります。

ですので、

今回は

最も簡単な利益率を上げる方法について

お伝えできればと思うのですが、

それは、

メルカリではなく、

フリルかラクマで商品を販売することです。

なぜなら、

現状(2017年5月現在)、

メルカリで商品が売れた場合、

売上金額の10%が販売手数料として

差し引かれることになりますが、

フリルやラクマにはそれがありません。

つまり、

仮に3000円の商品が売れたとすれば、

メルカリでは300円が差し引かれ

出品者には2700円が届きますが、

フリルやラクマの場合は

3000円(全額)が得られることになります。

ですので、

同じ商品を販売しても、

どのフリマアプリで販売するかによって

得られる利益(金額)が変わってくるのです。

もちろん、

この「販売手数料10%」を

どのように考えるかは人ぞれぞれだと思いますが、

上の例(3000円の場合)の販売手数料は

300円ですが、

5000円の場合は500円、

10000円の場合は1000円ですので

けっしてバカにはできない数字(金額)ですよね^^

ただ、

もちろん、メルカリにもメリットはあって、

それは、圧倒的な集客力(≒販売力)

現在、

メルカリは4000万ダウンロード以上

フリルは600万ダウンロード以上

ラクマは400万ダウンロード以上

となっていますが、

ユーザー数(購入者数)は

圧倒的にメルカリが多い状況です。

つまり、

最も売れやすいのはメルカリなのです!

ですので、

より早く確実に売りたいのであれば、

メルカリがおすすめですし、

あくまで利益率(収益)重視であれば、

フリルやラクマで販売するのがおすすめ。

ただ、

どんどん稼ぎたい場合に最もおすすめなのは、

無在庫転売(無在庫販売)で

メルカリ、フリル、ラクマの3つ全てに出品し

ガンガン販売していくことになります!

尚、「より詳しい情報」「特別なご案内」は、

LINE@のみでご案内しておりますので、

ご興味のある方は、ぜひ、繋がっていただければと思います^^

それでは、また明日!

◆LINE友達追加でマル秘&豪華プレゼント◆

今、LINEで藤ヶ谷と友だちになると、

「フリマアプリで最短5分で売れた商品リスト30個」をこっそりお伝えします♪

また、

「インターネットビジネスで独立・起業(脱サラ)するためのバイブル」

「期間限定・完全無料」でプレゼント!!

また、こちらのLINEでは、

稼げる商品の「生情報」をはじめ

「ブログでは書けない秘匿性の高い最新情報」もお届けしますので、

どうぞ、ご期待ください!

ご感想やご質問もLINEからお待ちしています^^

LINE友だち登録は画像を↓クリック↓

line%e5%8f%8b%e9%81%94%e8%bf%bd%e5%8a%a0

◆藤ヶ谷淳之介おすすめ自動出品ツール◆

藤ヶ谷も使用しているフリマアプリの自動出品ツール「新・メルポン」です↓↓↓

こちらのツールを使って、2017年も稼ぎ続けておりますので、おすすめです!

このツールなら複数のフリマアプリに自動・同時出品できますので、超効率的^^

今なら、「無料お試し」もできます!!

※自動出品ツール「新・メルポン」は画像を↓クリック↓%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9d%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f