【2017年】メルカリの規制強化への最大の対策は「正攻法」での出品

こんにちは!

藤ヶ谷淳之介です。

最近は、

「格差社会」などと言われることが多くなり、

経済格差や貧困に関する問題が

多く報道されるようになりました。

いろんな事情や状況がありますので、

なかなか簡単には

それらの問題を解決できないのかもしれませんが、

「お金を稼ぐ」という意味では

今現在は

いろんな「副業」がありますので、

それらに取り組むことによって、

収入を増やしていくことができます^^

特に、

インターネットビジネスは、

時間や場所を選ばないものが多いですので、

とても取り組みやすいです。

ところで、

2016年12月以後、断続的に起こっている

メルカリ(フリマアプリ)の規制ですが、

あれから約半年という時間が経過する中で、

色々と状況が分かってきました。

そして、

何が分かってきたのかと言うと、

「格差」が生まれてきています。

つまり、

メルカリ(フリマアプリ)においても

稼げる人と稼げない人の「差」が

大きくなってきているように思われるのです。

実際に、

稼いでいる人は

少なくとも2桁万円は稼いでいますし、

稼げていない人は

ほとんど稼げていないという状況です。

それでは、なぜ

このようなことになっているのかと言いますと、

その最大の理由は「情報」です。

つまり、

正しい情報をもとに取り組んでいるか否かが

稼げるor稼げないを決めているのです。

ご存知の通り、

メルカリ(フリマアプリ)自体は

とても簡単なビジネス(副業)ですので、

作業自体は

誰でもスグに取り組めるのですが、

ここ最近は、

「どのように取り組むか」が

とても重要になってきています。

このビジネス(副業)には

特別なスキルや経験・能力が

一切不要ですので、

誰でも簡単に稼ぐことができますが、

規制を踏まえた取り組み方をしていることが

稼ぐための大前提。

稼げるか否かは、

どのように取り組むかによって

決まってきます(変わってきます)ので、

そのためには

「正しい情報を得ること」が必要不可欠です。

そして、

今現在、どのように取り組めば

メルカリ(フリマアプリ)規制に

きちんと対策できるのかと言いますと、

「正攻法」です。

つまり、

一例を挙げるとすれば、

大量出品してはいけないし、

出品時間の間隔も詰めすぎるといけません。

一言で言えば、

一般のユーザーさんが自宅にある不用品を

出品するかのように出品する

(アカウントを使っていく)ようにします!

そうすれば、

メルカリ(フリマアプリ)の集客力や販売力は

圧倒的なわけですから、

高確率で商品は売れていきます^^

尚、「より詳しい情報」「特別なご案内」は、

LINE@のみでご案内しておりますので、

ご興味のある方は、ぜひ、繋がっていただければと思います^^

それでは、また明日!

◆LINE友達追加でマル秘&豪華プレゼント◆

今、LINEで藤ヶ谷と友だちになると、

「フリマアプリで最短5分で売れた商品リスト30個」をこっそりお伝えします♪

また、

「インターネットビジネスで独立・起業(脱サラ)するためのバイブル」

「期間限定・完全無料」でプレゼント!!

また、こちらのLINEでは、

稼げる商品の「生情報」をはじめ

「ブログでは書けない秘匿性の高い最新情報」もお届けしますので、

どうぞ、ご期待ください!

ご感想やご質問もLINEからお待ちしています^^

LINE友だち登録は画像を↓クリック↓

line%e5%8f%8b%e9%81%94%e8%bf%bd%e5%8a%a0

◆藤ヶ谷淳之介おすすめ自動出品ツール◆

藤ヶ谷も使用しているフリマアプリの自動出品ツール「新・メルポン」です↓↓↓

こちらのツールを使って、2017年も稼ぎ続けておりますので、おすすめです!

このツールなら複数のフリマアプリに自動・同時出品できますので、超効率的^^

今なら、「無料お試し」もできます!!

※自動出品ツール「新・メルポン」は画像を↓クリック↓%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9d%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f