【基本解説】仮想通貨と暗号通貨は何が違うのか?

こんにちは!

藤ヶ谷淳之介です。

ここ最近、メディア等でも

取り上げられる機会が増えてきた

仮想通貨(暗号通貨)ですが、

今回は、

「仮想通貨と暗号通貨の違い」

について書いてみたいと思います。

日本国内においては、

「暗号通貨」よりも

「仮想通貨」という言葉が浸透していますので、

暗号通貨も仮想通貨と呼ばれることが多いのですが、

正確には、

暗号通貨よりも仮想通貨のほうが

より広い意味を持ちます。

(より広い、多くの対象を指す言葉となっています。)

少し具体的に説明しますと、

「仮想通貨」は

暗号通貨だけを指す言葉ではなく、

例えば、

私たちに馴染みのある

「電子マネー」なども仮想通貨にあたります。

一方で、

暗号通貨は、

「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、

およびその新たな発行の統制をする仮想通貨」

です。(Wikipediaより)

ですので、

暗号通貨には、例えば

ビットコインをはじめ、

イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、

ファクトム、モネロ、リップル、ネム、ライトコインなど

様々な種類があって、

実際には2000種類以上あると言われています。

(ちなみに、日々、

新たな通貨が誕生しているとも言われています。)

ビットコインは基軸通貨とも言われ、

何年も前から報道されたりしていますので、

「ビットコイン=暗号通貨」

と思われている方もあるようなのですが、

ビットコインをはじめ、

様々な種類の暗号通貨が存在しているのが

実際のところです。

つまり、

ビットコインは暗号通貨の一つ

ということになりますね^^

ちなみに、

「アルトコイン」という言葉があるのですが、

これは、

ある特定のコイン(暗号通貨)を指した言葉ではなく、

「ビットコイン以外の暗号通貨を総称した言葉」

です。

ですので、

上に挙げたようなビットコイン以外の

イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、

ファクトム、モネロ、リップル、ネム、ライトコイン

などをはじめとする、

様々な暗号通貨をまとめて

「アルトコイン」と呼んでいます。

そういう意味では、

ビットコインをはじめとする

上記の様々な通貨(コイン)については、

「仮想通貨」と呼ぶのではなく

「暗号通貨」と呼んだほうが正しい

ということになりますね!

尚、「おすすめ仮想通貨(暗号通貨)」「爆上げ情報」

「ICO情報」、通常価格よりも安く仮想通貨を購入する方法」

「特別なご案内」などは、

公式LINE」のみでご案内しておりますので、

ご興味のある方は、ぜひ、繋がっておいてください^^

それでは、また明日!

◆LINE友達追加でマル秘&豪華プレゼント◆

今、LINEで藤ヶ谷と友だちになると、

「暗号通貨取引所のわかりやすい開設マニュアル」をプレゼント!

また、

「暗号通貨投資で稼ぐためのバイブル」

「期間限定・完全無料」でプレゼント!!

ちなみに、こちらの「公式LINE」では、

「ブログでは書けない秘匿性の高い最新情報」もお届けしますので、

どうぞ、ご期待ください!

ご感想やご質問もLINEからお待ちしています^^

LINE友だち登録は画像を↓クリック↓

line%e5%8f%8b%e9%81%94%e8%bf%bd%e5%8a%a0

◆藤ヶ谷淳之介おすすめ暗号通貨取引所◆

藤ヶ谷も開設&取引している「暗号通貨取引所」です↓↓↓

各取引所にて暗号通貨の売買を行い、利益を出しております!

取引所ごとの違いや、どの取引所が良いかわからない場合は、

 お気軽に「公式LINE」までご質問ください^^

※各画像をクリックすれば取引所の詳細をご確認いただけます。

●coincheck(コインチェック)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

● Zaif(ザイフ)

●bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所ごとの違いや、どの取引所が良いかわからない場合は、

 お気軽に「公式LINE」までご質問ください^^

◆藤ヶ谷淳之介おすすめ投資コミュニティ◆

藤ヶ谷淳之介が唯一、自信を持っておすすめできる

仮想通貨投資(暗号通貨投資)コミュニティです↓↓↓

今なら体験版」に格安で参加可能ですので、

詳細を確認されたい方は以下からご覧ください^^

 【体験版】投資コミュニティ「アイトレ」