【新法案】米国で600ドル未満のビットコイン消費が非課税に?!

こんにちは!

藤ヶ谷淳之介です。

ビジネスにおいてはもちろん、

僕たちが生きていくためには

「情報」は非常に重要なものになりますが、

これは、

仮想通貨投資(暗号通貨投資)においても

同じ。

言うまでもありませんが、

ある一つの情報を知っているだけで、

利益が何倍も違ってくる(もちろん、その逆もあり)

ということは珍しくありません。

ちなみに、

仮想通貨(暗号通貨)関連でも、

また、新たな動きがありましたので、

今回は、

そちらの内容について書いてみたいと思います。

具体的に何かと言いますと、

米国において、

「ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)での

少額消費に対して税金が免除される」

という法案が提出されました。

ご存知の方もあると思いますが、

米国においては、

2014年に仮想通貨を「財産」だとして

課税の対象となっています。

つまり、

その仮想通貨(暗号通貨)を購入した時の価格と比較して

値上がりした場合、

その仮想通貨(暗号通貨)で何かを購入すると、

「利益確定」だと見做して

「税金の申告対象」になっているのです。

もし、今回、

提出された法案が可決されれば、

2017年12月31日から

「600ドル未満の仮想通貨(暗号通貨)での

消費については非課税」となり、

税金の申告対象から外れるようです。

600ドルですから

そこまで大きな金額ではありませんが、

日常的な買い物においては、

一定の効果(影響)がありそうですね^^

ちなみに、今回の法案の目的は、

「数多い、細かな申告作業が発生することによって

人々が、それを煩わしく感じ、

仮想通貨(暗号通貨)の利用に消極的になって

普及が抑制されないようにするため」

とのこと。

ちなみに、

日本国内では、つい最近、国税庁が

「ビットコインの使用で生じた利益が

所得税の課税対象になり雑所得に区分される」

と発表しました。

仮想通貨(暗号通貨)の認知の高まりとともに、

その「税の扱い」に対する関心も高まってきていますが、

具体的な実務の現場においては

例えば、

税理士さんによって見解が異なるのが現状。

もちろん、

まだまだ、これから議論は深められ、

整えられていく制度ですので、

仮想通貨(暗号通貨)に関する税制は、

今後も、

様々な変更や調整が繰り返されていくことでしょう。

引き続き、

このような情報に対しても敏感になって

適切な対応ができるようにしておきたいですね!

尚、「おすすめ仮想通貨(暗号通貨)」「爆上げ情報」

「ICO情報」、通常価格よりも安く仮想通貨を購入する方法」

「特別なご案内」などは、

公式LINE」のみでご案内しておりますので、

ご興味のある方は、ぜひ、繋がっておいてください^^

それでは、また明日!

◆LINE友達追加でマル秘&豪華プレゼント◆

今、LINEで藤ヶ谷と友だちになると、

「暗号通貨取引所のわかりやすい開設マニュアル」をプレゼント!

また、

「暗号通貨投資で稼ぐためのバイブル」

「期間限定・完全無料」でプレゼント!!

ちなみに、こちらの「公式LINE」では、

「ブログでは書けない秘匿性の高い最新情報」もお届けしますので、

どうぞ、ご期待ください!

ご感想やご質問もLINEからお待ちしています^^

LINE友だち登録は画像を↓クリック↓

line%e5%8f%8b%e9%81%94%e8%bf%bd%e5%8a%a0

◆藤ヶ谷淳之介おすすめ暗号通貨取引所◆

藤ヶ谷も開設&取引している「暗号通貨取引所」です↓↓↓

各取引所にて暗号通貨の売買を行い、利益を出しております!

取引所ごとの違いや、どの取引所が良いかわからない場合は、

 お気軽に「公式LINE」までご質問ください^^

※各画像をクリックすれば取引所の詳細をご確認いただけます。

●coincheck(コインチェック)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

● Zaif(ザイフ)

●bitFlyer(ビットフライヤー)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所ごとの違いや、どの取引所が良いかわからない場合は、

 お気軽に「公式LINE」までご質問ください^^

◆藤ヶ谷淳之介おすすめ投資コミュニティ◆

藤ヶ谷淳之介が唯一、自信を持っておすすめできる

仮想通貨投資(暗号通貨投資)コミュニティです↓↓↓

今なら体験版」に格安で参加可能ですので、

詳細を確認されたい方は以下からご覧ください^^

 【体験版】投資コミュニティ「アイトレ」