仮想通貨投資をやめたほうが良い人

私自身、

2017年の春から
仮想通貨投資をしてきましたので、

今、ちょうど3年目を迎えています。

世の中が仮想通貨で盛り上がる
「一歩手前」から仮想通貨に関わり、

いわゆる「仮想通貨バブル」を経験し、

2018年の1年間を通じて
「市場の縮小」も経験しました。

そして、今、

一部では「市場が転換した」
とも言われる状況になってきています。

(そういう意味では、これからが楽しみ。)

ところで、

仮想通貨については、

これまで、

YouTubeやLINE、Twitterなどを通じて
いろんな情報を発信したり、

「百」の単位の方と、直接
やり取りもさせていただいてきましたが、

実際には、

大きな利益を出された方がある一方で、
損失を出された方もあります。

もちろん、

基本的に、
仮想通貨は変動が激しいものですので、

「たまたま」利益が出せたということもあれば
「たまたま」損を出してしまった、

ということもあるでしょう。

ただ、

一つの傾向であり、
私自身が重要なポイントだと感じているのが、

仮想通貨で利益を出している人は、
他のビジネスでも利益を出していることが多い、

ということ。

この傾向は、
間違いなくあるように思われます。

なかなかメルマガ上では
詳細にお伝えしきれないわけですが、

簡単に言えば、

「買い時」と「売り時」を

「肌感覚で」理解している人が
利益を出していることが多い、

ように思われるのです。

そう言う意味では、

「ビジネス基礎」の重要性を
改めて感じます。

そして、

今回は何をお伝えしたいのかと言うと、

もしも、今現在、

仮想通貨投資をされていて
利益が出せていない、

ということがあったとすれば、

「別に、仮想通貨にこだわる必要はないのでは?」

ということなのです。

言うまでもなく、

「投資」ですから、

・その仮想通貨(プロジェクト)を
応援することが目的で投資をしている

・ブロックチェーンという新しい技術の勉強も兼ねて
仮想通貨に興味を持っているから投資をしている

など、

「利益」を主な目的とせず、
投資をしているケースもあると思います。

ただ、もしも

利益目的にも関わらず
利益を出すことができていないとすれば、

少し、

(再)検討をしてみても良いのでは、

とも思うのです。

せっかく、

貴重な「お金」と「時間」を使って
投資をしているわけですから、

その投資目的(利益を得ること)は、
最大限、達成できるようにしたいところ。

もちろん、

投資を「する」or「しない」、

また、

投資をするにしても
どの銘柄に投資「する」or「しない」は、

個人の自由ですので、

それぞれが判断・選択すれば良いことなのですが、

世の中には、

仮想通貨投資以外にも、
利益を出す(お金を稼ぐ)手段というのは、

溢れるほど存在しています。

ですので、

繰り返しになりますが、

利益目的であるにも関わらず
利益を出せていない、

ということがあったとすれば、

別に、

「仮想通貨投資に
こだわる必要はないのではないか?」

ということを

今日は、

問題提起(?)のイメージで
お伝えできればと思い、

このようなお話をしてみました。

言うまでもなく、

人には、それぞれ

「得手不得手」がありますし、
「好き嫌い」や「相性」もありますので、

自分が最大限に生きるところ(分野)で
どんどん成果を出していくべき。

私自身、

仮想通貨投資の魅力は
十分に理解しているつもりですが、

ご存知の通り、

仮想通貨投資が全てではないもの、
これまた事実です。